602/Life style

世界がひとつになるまで

週一どころか月一更新も危うい。

震災のニュースから気持ちが落ち込んでしまいましたが、勤め先の事務所引っ越しで電話やネットの手配や設定を追われるようにこなし、ようやくすぐ涙ぐむ生活から脱出しつつあります。
阪神大震災の時は進学先も決まっていて、本当に身軽にボランティアに駆けつけられましたが、今回は距離も家族のこともあってそういう訳にはいきません。本当に心ばかりのことをしただけです。
何をしていても『こんな時に…』と思ってしまいますが、私が普通に生活して働くことが誰かの生活を支え、巡り巡って前に進む力になるんだと言い聞かせて日々を過ごしています。

キキはニュースの映像を繰り返し見せてしまったせいか、しばらく抱っこから離れなくなったり不安そうな仕草を見せていましたが、私よりも早く自分のペースを取り戻したようで落ち着いています。
そんな彼女が最近よく歌っている歌、心当たりが全くなかったので保育園で聞いてみたら、卒園式の時に歌うためにずっと練習していた歌でした。『世界がひとつになるまで』という歌です。
保育園のホワイトボードに書かれた歌詞がすごく胸に響いたので、(無断記載になっちゃうのかな?よく調べず、すみません)ここに残しておこうと思います。

世界がひとつになるまで

【作詞】松井五郎
【作曲】馬飼野康二

まぶしい陽ざしが 君の名前を呼ぶ
おんなじ気持ちで 空が見えるよ
つらいとき ひとりきりで
涙をこらえないで

世界がひとつになるまで
ずっと手をつないでいよう
あたたかいほほえみで もうすぐ
夢が本当になるから

はじめて出逢った あの日 あの場所から
いろんな未来が 歩きはじめた
なぜみんな この地球に
生まれてきたのだろう

世界がひとつになるまで
ずっと手をつないでいよう
思い出のまぶしさに 負けない
とても素敵な夢がある

世界がひとつになるまで
ずっと手をつないでいよう
ときめきは宝物 いつでも
愛が明日を守るから

『ずっと手をつないでいよう 愛が明日を守るから』
たどたどしくて何と歌っているかわからなかったフレーズ。
愛が明日を守る。私達みんなの愛がきっと。
素敵な歌です。
[PR]
by tmk_hys | 2011-03-31 00:13 | Music