602/Life style

カテゴリ:Food( 215 )

CREME DE MARRONS

b0038378_17111590.jpg栗といえば秋ですが、栗好きの私ゆえClement Faugier社の『CREME DE MARRONS』で一年中美味しくいただいています。パリに行ったときに買ってくる物ですが、チューブものではなく、大きい缶でもなく、この小さい缶4個組をいつも買います。私の食べたい時期に食べられる量にぴったりなので。

パンにぬったり、バニラアイスと一緒に食べることが多いのですが、ちょっと栗餡っぽいので栗あんぱん風にパンに入れて焼いてみたりもします。
かなりカロリーは高いと思われますが、コレを食べる時はそんなことは気にせず、食べたい量をしっかりのせて食べちゃいます。しっかり甘い物を食べられない今は、ちょっと我慢の時期ですが。
甘いもの解禁になったらモンブランをつくってみようかな。幸い賞味期限までまだまだ時間はあります。



b0038378_17112610.jpgパリのスーパーではこのCREME DE MARRONS入りのアイスクリームも売られています。缶と同じデザインで蓋が青・赤・黄色・水色。アイスクリーム売り場に行けば絶対目に入るパッケージです。栗のアイスの中にマロングラッセのかけらが入っていて、これまたカロリーが恐ろしいけれども美味しいのです。

モノプリで缶入りのペーストを買ったら、アイスも買ってこれは現地で。
極寒の季節に行っても凍えながら食べてしまいます。
[PR]
by tmk_hys | 2008-11-06 17:10 | Food

坂角総本舗 ゆかり

b0038378_2046843.jpg本日のおやつはお土産にもらった(相変わらず食べ物の頂き物は事欠きません)『坂角総本舗 ゆかり』。エビをつかったお煎餅といえば、真っ先に思いつきますよね。いつも美味しくいただきながら、いつか『車海老工房 一心』を食べたいな(←高いので)と思っています。強く念じていればいつかきっと我が家にやってくるはず。今日も『一心食べたい!』と念々。

坂角総本舗さんでは、天まりのパッケージが変わりさらに美味しくなったそう。静岡県駿河湾産の桜エビを使ったこのお煎餅も大好きです。ゆかりと違って食感がソフトであっさりめ。
これも誰か〜誰か〜くださ〜〜い。む〜ん(←念じている音?)。

出産後、尋常じゃなく膝が痛みます。お年寄りの膝痛ってこんな感じなんじゃないかしら?と思う痛みです。立ったり座ったり、階段の上り下りがものすごく苦痛です。
カルシウム不足か?と思い、食事やサプリメントで気をつけていますが、今のところ改善の傾向なし。『一心』の『姿』(活車海老を丸ごと一尾焼き上げている逸品)なんか、カルシウムたっぷりでとても良さそうではないですか!
誰か〜誰か〜私を助けてくださ〜い。一心をくださ〜〜い。
[PR]
by tmk_hys | 2008-10-30 20:45 | Food

京都 おだしの うね乃のじん 

b0038378_11365711.jpgだしはいつもちゃんととります。仕事をしていた時は、一週間分をまとめてとって冷凍していました。でも、週末に予定が入ったりしてうっかりしてしまった時は『京都 おだしの うね乃』の『じん』の出番。

鰹節は 薩摩・枯本節、荒本節、昆布は北海道・利尻島天然昆布、椎茸は 大分産・どんこを使用していて、添加物不使用で、サバ・イワシの入っていない天然だしのパックです。
パック仕様になっていて簡単手間いらずなのに、本当に美味しいだしがとれてすごく楽!つねにバックアップさせておきたいアイテムです。

1袋に7g(500ccのだしがとれます)入りのものが18パック入っています。
[PR]
by tmk_hys | 2008-10-28 11:35 | Food

ベルジェ ダリエーノ セミドライ黒イチジク

b0038378_052112.jpgあんまり甘いものは食べられないけど、甘いものが欲しくて口寂しい時には『ベルジェ ダリエーノ セミドライ黒イチジク』をひとつ食べることにしています。お気に入りの輸入食材店でも一番人気だというこのフランス産のセミドライ黒イチジク、普段はしっかり乾燥したイチジクが好みの私も、これは別と思える品なのです!

なんでも特別な方法で乾燥させて作られているため、通常行われている乾燥方法よりも水分を多く残すことができるそう。一般的なドライフルーツは15%くらいの水分含有量なのに対し、このイチジクは35%。普通のドライフルーツにはない、ジューシーさなのです。生の果実の風味をギュッと濃縮してある感じ。

今年のイチジクの出来はどうなんだろう。安ければ有り余る時間を使って、自家製ドライイチジクをつくってみようかな。100〜120℃のオーブンで100分ほど焼けば良いだけなので簡単です。
[PR]
by tmk_hys | 2008-10-26 00:51 | Food

カクキュー 赤出し八丁味噌

b0038378_1841574.jpgルパンは味噌があまり好きではありません。あまり…というのがどれくらいかというと、

○食材に味噌をつけて焼いたものは箸をつけない
○味噌ラーメンを選択するなんてありえない
○なめこ・えのき・わかめ・じゅんさい・豆腐の具が単体の味噌汁のみ、しぶしぶ食べる

こんなぐらいです。
というわけで、一緒に生活するようになってから味噌汁の無い食卓(代わりに中華スープかコンソメだしのスープかおすましが登場)が増えました。実家では合わせ味噌を使っています。味噌汁のない食卓なんてあり得なかったのになぁ。具沢山、というのもあまり…の範疇に入っているので、豚汁とかはつくれません。いまや、実家でのみ味わえるものです。

しかしその後、赤出しなら『しぶしぶ』ではなく飲む(具は上記にあげたもののみですが)ことが判明し、我が家の味噌は八丁味噌に落ち着きました。八丁味噌にはまったく詳しくないので、八丁味噌といえばこれでしょうと思われる『カクキュー 赤出し八丁味噌』に。これから色々アンテナを広げてみたいと思います。
そして、早く赤出し用のお椀を見つけなければ。赤出しは辛いので少し飲めたらいいかなと思うので、合わせ味噌のお味噌汁だった今のお椀だと量が多いのです。小吸物椀くらいのサイズで漆器がいいなぁ。
[PR]
by tmk_hys | 2008-10-24 18:40 | Food

萩・井上のうにめしふりかけ

b0038378_17512394.jpg以前しそわかめをご紹介しましたが、これも是非!
上質のうにがふんだんに使われているふりかけです。しそわかめに夢中になりすぎていて、こんなに美味しいものがあったことに気がつきませんでした。萩・井上、やるなぁ。

このふりかけ、 生うにがそのままフリーズドライされて入っているので、 あたたかいごはんに混ぜると、うにの炊き込みご飯のような状態になります。うに風味満点です。
うに大好きのルパンから我が家常備品に認定されました。6g入りが5食入りで380円。本物のうにを買うことを考えれば安いものです。
[PR]
by tmk_hys | 2008-10-21 17:50 | Food

kukiのはちみつねりごま 黒

b0038378_1913548.jpg好きなものを足したもの=好きなもの、とはいかないことを知ったのは、チーズヨーグルトを食べたときだったと思います。まだ学生だった頃。大好きなチーズとヨーグルトの組み合わせに飛びついたら、一口食べて捨ててしまった程美味しくなかったことがありました。イマイチ…と思っても最後まで食べきるのですが、その葛藤すらなかったような。

が、kukiの「はちみつねりごま」は違います。ゴマ+ハチミツ+黒蜜という好きなもの3つが合わさって、更に倍!の美味しさ。ゴマの風味はしっかりで、ほのかにハチミツ、こっくりした黒蜜の甘み。ジャムに飽きたなぁ…という時に登場させます。
冷蔵庫に入れているので、固くなっていてトーストに塗りにくいのですが、しばらくスプーンから落とした固まりのまま置いておけば、パンの温もりでほどよく柔らかくなってするする塗れます。
[PR]
by tmk_hys | 2007-07-03 20:12 | Food

湯布院玉の湯の柚子ジャムほか

b0038378_1615925.jpg開ける前から中身が何かわかっていてもお土産はうれしいものです。しかし、そんな私の期待を裏切る出来事が!
湯布院に出かけた母に頼んでいたのは、「玉の湯」の柚子胡椒。柚子胡椒がかかせない我が家ですが、色々と食べた中でかなり上位に入るお気に入り。冷凍庫に入れておけば賞味期限を気にしなくてもいいことがわかってから(塩分が多いのでガチガチには固まりません)常にスタンバイさせています。

さて、そんな「玉の湯」の柚子胡椒、今使っている分が無くなる前に手に入って良かった…と思いながら包みを開けてみたら、中身が柚子ジャム!柚子だけど胡椒じゃな〜い!!
母から貰った時に、ちょっと瓶のサイズが変わったのかな?と思いましたが大して気にもせず。実は母の新たなネタ誕生の瞬間だったのですね。
がくっとはきましたが、鶏そぼろ(お店の方曰く、今お取り寄せ人気No.1はこれだそうです)蕗の薹も買って来てくれましたし、柚子ジャムももちろん言うこと無し。『美味しいもの』というくくりは間違いありません。それにしても胡椒がジャム…。

*包装紙の柄がとても粋。平に包んでも丸みがあっても袋になっても素敵な柄です。
[PR]
by tmk_hys | 2007-06-20 20:02 | Food

Rostoyのトロピカルジュース

b0038378_13331471.jpg漢方の先生に『体温よりも低い温度のものを飲むのはよろしくない』と釘を刺されているにも関わらず、飲んでしまいます。だって、冷蔵庫に入っているんだもの…。

Rostoyのトロピカルジュースは、Nくんの結婚式のカタログギフトでいただいたもの。昔は形に残るものを選ぶことが多かったのですが、捨てる時の辛さを学んでからは、極力食べ物を選ぶように(単に私が食いしん坊だからか!?)しています。トロピカルフルーツに目がないルパンのチョイスです。

Rostoyはスペインで、果実飲料国内ランキング5位を誇るジュース。高い品質の果実のみを使用するというこのジュースは、ホテル業界出荷数No.1なんだそうです。
我が家に届いたのは、マンゴ・グアバ・パッションフルーツの3種類(他にオレンジとパイナップルがあります)。飲んだ感想としては、果汁30%なのに、めちゃくちゃ濃厚!ネクターのようなとろみがあって、甘い。正直品がいい味ではないかも…。そのまま飲むよりも、ヨーグルトに入れたりとか、お酒で割ったりとかした方が美味しくいただけました。3種類の中ではパッションフルーツが一番好みでした。

ポッコリした瓶は良い雰囲気なんだけど、ラベルの日本語表記が悲しいことになっているのがパッケージ好きとしては悲しいところ。もう少しフォントとか、色とかなんとかならなかったのかなぁ。
[PR]
by tmk_hys | 2007-06-19 20:32 | Food

三光堂のクッキー

b0038378_1832260.jpg賞味期限なんて無くなってしまえば良いのに、といつも思っています。賞味期限が何日までだからと、詰め込むように食べるはめになるのが嫌なのです。一度にあれもこれもと、たくさん買い込んでしまう自分がいけないのはわかっています。詰め込むように食べるのが嫌なら諦めれば良いのに、食い意地に負けてしまう自分のせいなのはわかっています。でも、大好きな京都「三光堂」でショーケースに美しく並んだクッキーを見た瞬間、そんなことはどうでも良くなってしまうのです。

b0038378_1833979.jpg松壽千年翠とプルーンクッキーはいつも必ず買うクッキー。他のクッキーも何種類か買いますが、この2つは定番。クッキーごとに生地が違うので(例えば、松壽千年翠はカステラ生地のクッキーで、プルーンクッキーの生地にはプルーン果汁が練り込まれています)口に入れたときの感触が違うのも楽しいし、パッケージのデザインもこの上なく素敵だし、クッキーってこんなに美味しかったのか…といつも再確認してしまうくらいとにかく美味しいのです。
でも、三光堂のクッキーが美味しく食べられるのは1週間程度。もっと長ければ良いのにと思わずには入られません。定番の買い置きクッキーは三光堂のクッキーにしたいのです。でも、お店を訪ねるかお取り寄せするしかないのです。

お店に行くと必ずご主人がお見送りに出て来て下さいます。そんなご主人の人柄を素敵だなぁと思って、訪れる人も多いんじゃないかな。
[PR]
by tmk_hys | 2007-06-04 20:02 | Food