602/Life style

姫ちゃんの結婚

b0038378_2332389.jpg不在の間にあったことで、もうひとつ大きな(我が家にとっては)ニュースがあったのを忘れていました。一週間前のことだというのに!

先週の土曜日、妹・姫ちゃんが結婚しました。いろんな事情があり、結婚式を挙げても住まいはしばらく実家のままなので、結婚しちゃったよ…という実感に乏しいのですが。
姫ちゃんを大好きな父にとっては、結婚する→家を出て行くという大ショックが少々時間をかけて段階を踏まれるので良かったと思います。結婚式で寂しくなっても、家に帰ればまだ一緒に生活しているわけですから。

土曜日に挙式と親族と会食、翌日曜日に友人を招いて披露宴を行いました。フミくん・ルパン・私はカメラマンとビデオ係に大奮闘。親族というよりもスタッフでした。今までの人生で一番写真を撮りました。600枚くらいになるんじゃないかな。

本当なら式のときのブーケを作ってあげたかったけど、東京での式だったのでお花の手配が心配だったのと、赤ちゃんがいたので断念しました。万が一つくれなかったりしたらブーケなしでの式になってしまう…。でも、すごくすごくつくりたかった!家族も『あれだけ友達のブーケをたくさんつくったのに、妹のブーケがつくれないなんて』と。まったくそのとおりです。

あんまりにも心残りになりそうだったので、披露宴で急遽プログラムに入ったブーケセレモニー(ゲストが新郎に1輪ずつ花を渡していき、まとめた花束を持って新郎が新婦にプロポーズ。新婦がイエスの印にその花束から1輪を抜いて新郎の胸にさす)で使ったピンクのバラで、ブーケをつくらせてもらいました。お色直しまでにつくれば良かったのですが、この日もカメラマン役があったので、簡単にナチュラルステムのブーケに。
式のブーケはつくれなかったけど、姫ちゃんがすごく喜んでくれて胸がいっぱいになりました。お花をやっていて良かったな。

今年は赤ちゃんが生まれて、さらに弟が増え、おめでたいこと続きです。602家、幸せだなぁ。
[PR]
# by tmk_hys | 2008-10-18 23:02 | Days

2007年11月のパリ

b0038378_2072885.jpg2007年の11月末頃、またまたパリへ行ってきました。連れの関係で伊丹から成田経由。夜便で早朝着でした。
その時はストで交通機関が全ストップだったので、タクシーも捕まらないだろうし不便だな〜と気分はあまり盛り上がらずでしたが、到着して時間つぶしにに足を運んだシャイヨー宮でこの眺め!この朝焼けを見られただけで今回の旅行は来て良かった、という気持ちになりました。うっすらと残る爪のような月も美しかった。
早朝なので顔が痛くなるくらい寒かったけれど、おかげで周りには誰もおらず貸切。贅沢な時間でした。

子供が生まれてしばらく旅行はお預け、と思っていたけれど、この写真を見ていたら前言撤回!
パシュネットに乗れる間に行けたらいいな。
[PR]
# by tmk_hys | 2008-10-17 20:08 | Travel

454日ぶり

454日も留守(?)にしていましたが、戻ってきました。
留守の間にしていたことは、こんな感じ。

1. お花の試験が落ち着いたと思ったら体調を崩した。
2. いろんなことがすっきりしてパリへ。
3. 帰国したらおなかに赤ちゃんが!
4. 8月、女の子を出産。

出産から2ヶ月が経過。
子育てに慣れ、仕事もまだ休んでいるので、生活はかなりのんびりペースです。
またつれづれとやっていきたいと思います。 
[PR]
# by tmk_hys | 2008-10-16 10:13 | Days

白の器 | h+

b0038378_12144945.jpg詳細はトーソー出版さんのサイトへどうぞ。

うちのバターケースになっている器は、幸い割られることもなく毎朝美しく食卓へ登場しています。白い器、けっこうすぐに飽きるものかな…と思ったりもしましたが、いまだ愛着冷めずです。
[PR]
# by tmk_hys | 2007-07-19 21:15 | Book

奮闘中です

b0038378_11393865.jpg週末の資格検定にむけて奮闘中です。数ヶ月のお休みを幾度となく挟んだり、愛媛への転勤があったにも関わらず細々と通っていたフラワーアレンジメントですが、先生も『いい加減…』とついにおっしゃったこともあり、ようやく節目を持つことにしました。これからお母さんになりたいと思っていることなどを考えると、自分自身すっきりしておきたい部分もあったので。

自分のことに集中しはじめると、途端に家事がおろそかになってしまって、焦ったり自己嫌悪に陥ったりと苦しみました。ルパンに後ろめたいと思うせいか、いつも以上に家事に力が入って、ブログの更新もほとんど(まったく?)出来なかったし…。
そんな日々も週末でおさらばです。受かれば…。やるだけのことはやりました。当日ハサミを忘れることさえ無ければ大丈夫なはずです。頑張ります。

お休みしている間にも美味しいもの&素敵なものにたくさん出会っています。早くお目にかけたいです。
[PR]
# by tmk_hys | 2007-07-18 21:39 | Lesson

kukiのはちみつねりごま 黒

b0038378_1913548.jpg好きなものを足したもの=好きなもの、とはいかないことを知ったのは、チーズヨーグルトを食べたときだったと思います。まだ学生だった頃。大好きなチーズとヨーグルトの組み合わせに飛びついたら、一口食べて捨ててしまった程美味しくなかったことがありました。イマイチ…と思っても最後まで食べきるのですが、その葛藤すらなかったような。

が、kukiの「はちみつねりごま」は違います。ゴマ+ハチミツ+黒蜜という好きなもの3つが合わさって、更に倍!の美味しさ。ゴマの風味はしっかりで、ほのかにハチミツ、こっくりした黒蜜の甘み。ジャムに飽きたなぁ…という時に登場させます。
冷蔵庫に入れているので、固くなっていてトーストに塗りにくいのですが、しばらくスプーンから落とした固まりのまま置いておけば、パンの温もりでほどよく柔らかくなってするする塗れます。
[PR]
# by tmk_hys | 2007-07-03 20:12 | Food

120%linoのパンツ

b0038378_19103480.jpgこのブランドの商品はどれもこれも間違いなし、と確信していて買い物をすることはあっても、一般的に名前の知れているものだから…という理由で買い物をすることはありません。この素材、この形、この雰囲気、自分がどこもかしこも好きと思えなければ。
目に入った瞬間に『!』と思った「120%lino」の麻のパンツ。生地の感じといい、シルエットといい、申し分なし。一番気に入ったところは柄のチェック具合。こういうチェックがあったらなぁと思っていた理想のチェックでした。もちろん試着後即購入です。

「120%lino」はイタリアのリネンブランド。キッチンリネンや、バックなどを見かけたことが有りましたが、お洋服もつくっていたのですね。注意して探してみたらBEAMSやTOMORROWLANDでも扱っていました。全部というわけにはいかないけれど、好みのデザインもちらほら。要チェックブランドに仲間入りです。

*またしてもこの画像では柄がわかりませんでしたね。素敵なチェックなんですよ〜!
[PR]
# by tmk_hys | 2007-07-02 20:08 | Favorite

暮らしのおへそ

b0038378_13393341.jpg雑誌の予約もインターネットから出来るようになりました。買わずにさっと立ち読みしただけ…でもじっくり読みたいなぁ、と思っていた雑誌をたくさん予約しています。発売日から借りることは出来ませんが、そんなに急いで知りたいものは立ち読みしてしまえばいいので、一月程待つのは全然構いません。…もちろん人気のあるものはタイミングを間違えると順番待ちになって、季節ものなどは時期を逃してしまいますが。

主婦の友社から出版されている『暮らしのおへそ』(私のカントリー別冊)という雑誌(雑誌、という括りで良いのかな。正確にはムックかな)もそんな雑誌のひとつです。
b0038378_13395745.jpgこれを機にVol.1から3までを予約して、Vol.2までを読み終えました。Vol.3は順番待ち。

『習慣から考える生き方、暮らし方
その人がもつ習慣、その人の根っこをつくるもの。
それを、この本では「暮らしのおへそ」と呼びたいと思います』

習慣って、本当に変えるのにエネルギーがいるものです。朝起きる時間、肌の手入れのしかたや、体を動かすこと。


b0038378_13401198.jpg何かひとつをほんの少し変えるだけでも、変な気合いが入ってしまうし、実行出来ないと自己嫌悪に落ち込むし。こうと決めたら!というところの実行力が弱い私にとっては苦手、でも憧れな『習慣』という響き。意識すること無く必要なことが出来るって、自分にとても優しいことなのだと思うのです。自分に甘いのと優しいのとでは違う。最近、甘やかし過ぎだと実感しているゆえに、こういう本が巡って来るんだろうな。身にしみる言葉がたくさんありました。

まずは毎朝起きるのを30分早く…出来るかなぁ、私に。
[PR]
# by tmk_hys | 2007-07-01 20:38 | Book

湯布院玉の湯の柚子ジャムほか

b0038378_1615925.jpg開ける前から中身が何かわかっていてもお土産はうれしいものです。しかし、そんな私の期待を裏切る出来事が!
湯布院に出かけた母に頼んでいたのは、「玉の湯」の柚子胡椒。柚子胡椒がかかせない我が家ですが、色々と食べた中でかなり上位に入るお気に入り。冷凍庫に入れておけば賞味期限を気にしなくてもいいことがわかってから(塩分が多いのでガチガチには固まりません)常にスタンバイさせています。

さて、そんな「玉の湯」の柚子胡椒、今使っている分が無くなる前に手に入って良かった…と思いながら包みを開けてみたら、中身が柚子ジャム!柚子だけど胡椒じゃな〜い!!
母から貰った時に、ちょっと瓶のサイズが変わったのかな?と思いましたが大して気にもせず。実は母の新たなネタ誕生の瞬間だったのですね。
がくっとはきましたが、鶏そぼろ(お店の方曰く、今お取り寄せ人気No.1はこれだそうです)蕗の薹も買って来てくれましたし、柚子ジャムももちろん言うこと無し。『美味しいもの』というくくりは間違いありません。それにしても胡椒がジャム…。

*包装紙の柄がとても粋。平に包んでも丸みがあっても袋になっても素敵な柄です。
[PR]
# by tmk_hys | 2007-06-20 20:02 | Food

Rostoyのトロピカルジュース

b0038378_13331471.jpg漢方の先生に『体温よりも低い温度のものを飲むのはよろしくない』と釘を刺されているにも関わらず、飲んでしまいます。だって、冷蔵庫に入っているんだもの…。

Rostoyのトロピカルジュースは、Nくんの結婚式のカタログギフトでいただいたもの。昔は形に残るものを選ぶことが多かったのですが、捨てる時の辛さを学んでからは、極力食べ物を選ぶように(単に私が食いしん坊だからか!?)しています。トロピカルフルーツに目がないルパンのチョイスです。

Rostoyはスペインで、果実飲料国内ランキング5位を誇るジュース。高い品質の果実のみを使用するというこのジュースは、ホテル業界出荷数No.1なんだそうです。
我が家に届いたのは、マンゴ・グアバ・パッションフルーツの3種類(他にオレンジとパイナップルがあります)。飲んだ感想としては、果汁30%なのに、めちゃくちゃ濃厚!ネクターのようなとろみがあって、甘い。正直品がいい味ではないかも…。そのまま飲むよりも、ヨーグルトに入れたりとか、お酒で割ったりとかした方が美味しくいただけました。3種類の中ではパッションフルーツが一番好みでした。

ポッコリした瓶は良い雰囲気なんだけど、ラベルの日本語表記が悲しいことになっているのがパッケージ好きとしては悲しいところ。もう少しフォントとか、色とかなんとかならなかったのかなぁ。
[PR]
# by tmk_hys | 2007-06-19 20:32 | Food